無修正の盗撮動画を所持してたら捕まっちゃうの?

皆さんもご存知の通り、日本国内では陰部や卑猥な発した映像や言葉を流すのは禁じられてます。もちろん、無修正のDVD販売等も禁じられおり、それはインターネットの世界でも変わりません。
厳密に言うと、国内から配信されている場合が日本の法律に該当することになります。

 

では、なぜ無修正動画が配信されているのに問題にならないかと言うと、インターネットの世界では無修正が合法な国から動画を配信してる場合はその国の法律が適用されるので、日本に居ながら無修正動画を入手する事は現在の法律上はセーフとなってます。

 

当サイトで比較する全てのサイトは無修正動画が合法な海外からの配信となっているので、配信先の国の法律が適用されることになります。

 

でも、間違えてはいけないのが、あくまでも個人的に動画を観て楽しむだけと言うことです。日本に拠点があるサーバー経由で無修正動画をSNSやブログ等に掲載するのは日本の法律が適用されてるのでアウトになってしまいます。

 

さらに、そこに著作権の問題も絡んできてしまいます。
2012年に法律が改正、著作権違反の動画をダウンロード保存した場合、保存した側も著作権違反に該当することになります。

 

例えば、無料サイトで有料サイトの動画と知っててダウンロード保存した場合はアウトです。

 

著作権違反に絡んだニュースとして、2017年にDTIと東京熱の運営会社が某中規模アダルトサイトの度重なる著作権違反に対して訴訟問題に発展する事案がありました、結果は著作権違反サイトの運営会社を含め、全アダルトサイトが閉鎖に追い込まれました。

 

有料サイトであっても、そのアダルトサイトが他サイトの動画を無断で配信してる場合がユーザーにとっては一番厄介なんです、何度も有料のアダルトサイトに入会してる方やアダルト事情に詳しい方なら、『この動画って○○サイトのだ!』って見れば解りますが、初心者ユーザーはまさか著作権違反サイトに入会してるなんて思わないでしょう。ましてや、お金を払ってサイト利用してるから大丈夫であろうと思ってしまいます。

 

現在、当サイトで比較評価してるサイトは著作権違反に該当してませんのでご安心下さい。
また今後、不安要素が解ったサイトはいち早くサイト内で情報の発信をすると共に、該当サイトへのリンク削除を徹底しますことをお約束します。

 

将来無修正動画はどうなる?

ここからは想像になります!

 

近い将来、日本でも数々のインターネット犯罪に伴い、法改正が行われるような気がしてます。その時に、アダルト系の特に無修正動画の扱い方も改変されてしまうのではないでしょうか。

 

例えば、日本在住時はいかなる状況においても無修正動画の所持を禁じる。
これになってしまうと無修正動画を入手することが出来なくなってしまいますね。

 

もちろん、現状のままの可能性もあります。

 

少し暗い話になってしまいましたが、可能性はゼロではないので少し触れておきましたが、くどいようですが、現在は大丈夫なので個人的な範囲で思う存分楽しんじゃいましょう。

TOPへ